保証人のことを知ろう

保証人がいらない機関

起業する時は、銀行ではなく国からお金を借りる人が多く見られます。
なぜかというと、保証人を用意する必要がないからです。
通常の金融機関は、保証人が必要になります。
借りたお金を本人がもし返済できなければ、代わりに保証人に残りの借金を支払ってもらうためです。
保証人は責任が非常に大きく、自分が借金を背負う可能性があるため簡単になってくれる人が見つからないと思います。

特に起業する時は、成功するか分からないので借金が大きくなるかもしれません。
そんな大きい借金が急激に回ってきたら困るので、信頼している友人や家族も保証人を断るケースが多く見られます。
国に申し込む時は保証人がいない状態で申し込めるので、安心してください。

無担保で借りられる

保証人以外に、担保も用意する必要がないのですぐにお金を借りることができます。
担保を用意する時間がない人にも向いているので、国に相談してください。

比較的、初めて申し込む人でもお金を借りるやすいという部分が好まれています。
銀行などの金融機関では、審査を通過する条件が厳しいのでこれまでに企業を成功させた経験がない人はお金を借りられないトラブルが起こっていました。
初めて会社を経営する人は上手くいかないことも考えられるので、金融機関も慎重になっているようです。
国に申し込むと担保がなくても良いし審査も簡単なので、初心者はこちらを使った方が良いと思います。
審査を早く通過することで、他の準備もスムーズに進められます。


この記事をシェアする