どこから借りられるのか

本人確認できるもの

お金を借りたい人物が、きちんと自分だと証明しなければいけません。
ですから、本人証明ができるものが必要になります。
パスポートや運転免許証など、顔写真と本名、住所が記載されているものがあれば大丈夫です。
誰かに代理で申請してもらうことはできないので、ちゃんと自分でお金を借りに行ってください。

会社を始める時は資金調達以外にもやらなくてはいけないことが多くて、つい申し込みを人任せにしてしまう人が見られます。
ですがそれでは審査を通過することができないので結局自分が改めて行かなくてはいけなくなり、2度手間になります。
時間を見つけて、自分で行きましょう。
資金調達を最初の段階で済ませておくと、後の準備が順調になります。

計画書を見せよう

国からお金を借りるので、返済できないと困ります。
全額返済できる人物なのか調べるために、計画書を見せなくてはいけません。
この計画通りに進めば、トラブルなく返済が終わるということが伝われば審査を通過できます。
計画書を作る時は、分かりやすく書いてください。
自分だけが分かるよう雑に書いたり、適当に作ったりすると審査を通過できなくなります。
もし審査を通過できないのでお金を貸せないと言われた場合は、新しく計画書を書き直してもう1度申し込んでください。

手間が増えるのは嫌でしょうから、計画書を念入りに考えましょう。
その時は、無理のない返済プランを描くことが重要です。
返済できないと判断された場合も、お金を借りられません。


この記事をシェアする